長野観光で絶対外せない!地獄谷野猿公苑スノーモンキーへサイクリング

snowmonkeyparkriding

Shibu Onsen,Snow monkeypark riding from Obuse

長野に来る外国人の多くが訪ねる山ノ内町の地獄谷野猿公苑=スノーモンキーパーク。

先日maaruでレンタルした外国人観光客も訪れていました。
そのお客様は「渋温泉から急坂を上がっていった」とおっしゃっていて
車で行ったことはあるけど、どんな道だっけ??
思い出せないのでクロスバイクとロードバイクの二人組で行ってみました。

地獄谷野猿公苑の駐車場は2か所。
上林温泉と渋温泉の上の方。
多くの人は自家用車、長野駅からバス、湯田中駅まで電車→バス、で上林温泉まで行ってそこから30-40分歩いて野猿公苑を訪ねています。
渋温泉の駐車場は坂道を上がり徒歩区間は15分ほど。

時間はかかりますが、小布施からスポーツ自転車(クロスバイク、ロードバイク)で行けます。
自転車ならではの景色や寄り道を楽しめる、魅力あるサイクリングコースの一つです。

車やバスであっという間に着いちゃう旅よりは思い出が濃く残るのは間違いないです。
話題のサイクルツーリズム、まさにコレ、自転車に乗って山ノ内観光・長野観光に出かけるのはいかがでしょうか?

 

■スケジュール
2019/6/25 往復約40キロ
8:10 maaru
8:45-55 一本木公園(休憩・公園見学)
9:08 夜間瀬橋
9:35-40 渋温泉(橋の上のベンチ)
9:40-10:00 渋温泉街
10:20 駐車場(ここから歩き)
10:35-11:00 地獄谷野猿公苑
11:12 駐車場
11:45 湯田中温泉経由、関英ドライブイン
12:15 ランチ(丸長)
12:47-57 ベイシア別腹
13:10 maaru


一本木公園
中野市一本木公園
バラのピークは過ぎましたが、様々な花が咲いていました。
この建物は昔の小学校。

中野から山ノ内に行く道
一本木公園から進んで次の信号右折。
真ん中の大きな道(R292)には入らず、脇の旧道の車道(赤い線)を行きましょう。
歩道に入ると草ボーボーな場所があって通り抜けストレス大です。

夜間瀬橋
夜間瀬橋。ここから山ノ内町です。
お水をゴクゴク、ガイドさん。後ろは高社山。

夜間瀬川河川敷
橋を渡って左折すると河川敷の気持ちいいロードに入れます。
(このページ内のマップではこの道を案内できないので一般道を通ってます)

渋温泉
もうずっと緩い登り坂が続いています。疲れたら休んでね。
渋温泉に着きました。
橋の上に「渋・温・泉」の提灯看板があるベンチでちょっと休憩。
maaruからここまで1時間20分。

渋温泉
はいポーズ!

渋温泉金具屋
ベンチから数分、有名な旅館「金具屋」到着。
昭和初期完成の木造4階建ての歴史ある旅館。
趣のあるこちらの建物は人気撮影ポイントでもあります。

渋温泉金具屋
通り過ぎたり

渋温泉金具屋とクロスバイク
自転車と一緒に撮ったり。

渋温泉小径
温泉街の道。
狭いので通行注意。無理に乗らないで、街歩きを楽しみましょう。

渋温泉温泉卵
温泉たまご~

渋温泉足湯
金具屋さんからスグの足湯

渋温泉薬師庵
その向かいの石段を上って

薬師庵
薬師庵

ここにあった看板には
「神亀年間(724年から729年)に僧「行基」が霊泉の湧出を発見し(現在の大湯)、
薬師如来を刻んで祀った所が薬師庵です」
とありました。

行基さん、長野のいろんな温泉で登場してます。

渋温泉大獅子
また少し進むと、巨大な獅子の頭

渋温泉階段
脇にはまた石段。
進みませんね。。。見る場所いっぱい!

温泉寺
石段近くにある温泉寺
かっこいい門があります。

この先にも足湯がありました。
寄りたいけど・・・今日の目的地はモンキーパーク!
進みましょう~。
温泉饅頭たべたかったなぁ。

渋温泉から野猿公苑近くの駐車場まで行く道分岐
温泉街をぬけて、左側に行く道があります。

渋温泉上の坂道
うわっ、激坂。

渋温泉車道のサル
サル登場

サルに追いかけられる
追いかけられる。

地獄谷野猿公苑までの林道
ハァハァ、綺麗な林を行きます。
20分こいで、渋温泉地獄谷有料駐車場へ。
自転車は無料、トイレ、自販機あり。

野猿公苑までの林道歩道
山道をトレッキング

野猿公苑近く
見えてきた

地獄谷野猿公苑入り口
到着~
夏はサルが来ない時がありますが、この日はワシャワシャ来ていました。

地獄谷野猿公苑

地獄谷野猿公苑は、1964年開苑以来、ニホンザルの興味深い生態を間近で観察できる場所として、広く世界中の人々に愛されています。また、多くの研究者や写真家も訪れ、数々の成果を上げています。

また、温泉に入るサルとしても知られ、1970年、米「LIFE」誌の表紙に掲載され海外にも報道されました。1998年の長野冬季オリンピックの際は選手、大会関係者、報道関係者等、世界中からの人々が大勢訪れ、話題となり、広く世界中に知られるところとなりました。

>>地獄谷野猿公苑HPよりhttp://jigokudani-yaenkoen.co.jp/about

野猿公苑サルの背中
ふわふわ

温泉のサル
じゃれて潜って泳いでる?のが可愛かったなぁ

スノーモンキーパークのサル
なーにー?

サル
世界で唯一温泉に入るサル

河原にもサル
河原の親子

岩の中のサル
ココにも

歩道のサル
近づきすぎると叩かれます。叩かれました。

外国からのお客様が沢山来ていました。
日本人が行ってももちろん楽しめますよ★

地獄谷野猿公苑の建物
公苑内の建物で休憩
トイレ、お土産、サルの毛皮を触れるコーナーがありました。

野猿公苑売店お土産
サルグッズ。私も一つ購入。
maaru入り口ドア見てくださいね

さて、帰りましょう。
来た道を戻り

金具屋
再び金具屋さん

渋温泉帰り道
渋温泉いいなぁ

渋温泉射的
射的もあります。

渋温泉来々軒
中華と洋食、味のある建物ですね

関英ドライブイン
我らの昼食会場はココ!関英ドライブイン
昔からある食堂。
ひと昔見たときは「寂れてる」感が漂ってましたが(スミマセン)、現在はメニュー改新、空間作りなど様々改革をし再び賑わっているそうです。
かつ丼が一番人気。

関英ドライブイン看板
お休みでした!!!

丸長中野
で、行ったのがココ。

丸長。あるのは知ってた。
女子一人では入る勇気が沸かない店がまえ。

丸長つけめん
人生2回目のつけめん。1回目の記憶はほとんどない。。。
想像していたのと違ってビックリ。

美味しくいただきました。

ベイシア中野店
食後は近所のスーパーへ。

ベイシアソフトクリーム
食べるっしょ!

ベイシアソフトクリーム50円
コレからもお世話になります。

小布施くだもの街道
スーパーからは「くだもの街道」でmaaruへ帰りました。


ワタクシの感想

小布施から山ノ内の温泉街を見学して野猿公苑(スノーモンキー)を見に行くコース。
途中で食事・休憩を挟んで5時間で行って帰ってこれました。
渋温泉から上っていく道は激坂なので健脚の方にオススメです。
サルに襲われないように注意、同行者を置いて行かないようにしてください。
坂が苦手な方は上林温泉にいくのが良いです。

野猿公苑は日本を感じられて、1時間でも居られる場所。癒されます。
渋温泉はあのような雰囲気を感じる場所はマチナカにはないので、是非お立ち寄りください。
時間があれば、足湯をしたり射的をしたり遊びたかったです。

ご希望あれば今回のルートをガイドします。ご相談ください(有料)。

同行者ガイドさんの感想

ウキキキウキッ、ウキキキキキ。
(楽しかった♪)

小布施、地獄谷野猿公苑間のルート

激坂通って歩く距離を短くするか、緩い坂道通って30分歩くか。

行きは夜間瀬川沿いの旧道を通っていくのが楽しいと思います。

帰り道、どこも寄らないのであれば292バイパスを通ると速いです。
両方の野猿公苑駐車場から1時間ほどでmaaruに帰れます。

ストラバデータ 渋温泉
Stravaで見る
https://www.strava.com/routes/20127481

上林温泉経由、route to Snowmoney park(via Kanbayashi-Onsen)

Shibu onsen route is a litte hard because there is hillclime road between Shibu and Snowmonkeypark parking,about 2km.From the perking to the park,it takes 15min-walk.

So if you do not like hillcrime,take easier way,from shibu to Kanbayashi.
You have to walk from the parking lot at Kanbayash to the park(30-40min).


こちらもおすすめコース

スノーモンキーまで行かないショートコース

山ノ内自転車デート
山ノ内カフェ巡り自転車デート

小布施町内観光がしたい方はこちら

小布施観光モデルコース
小布施観光モデルコース

maaruのレンタサイクル

小布施レンタサイクル
トレックのスポーツ自転車(クロスバイク、ロードバイク)のレンタルをしています。
小布施のスポーツ自転車レンタルは当店のみ。

ママチャリに比べ車体が軽くよく進み楽です。見た目もかっこいい。
自転車に乗れるなら心配なく乗れます。
自転車は久しぶり、20年ぶりに乗るという方でもちゃんと乗れています。
小布施町内観光メインならクロスバイク、山ノ内のようにすこし距離があるならクロスバイク、またはロードバイクがオススメです。

好きな場所で自由に停まれる自転車、
車では気づきづらい発見が多い自転車、
観光がもっと楽しくなりますよ。

レンタル料金

 

クロスバイク ロードバイク
2時間 1,000円 1,500円
3時間 2,000円 2,500円
5時間 3,000円 3,500円
1日(日帰り) 4,000円 4,500円
1泊2日 6,500円 7,500円
追加/時間 1,000円 1,000円
追加/日 2,500円 3,000円
保険(任意) 500円 500円

レンタルについてもっと詳しく知りたい方はこちら